トップ 当サイトについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

結婚式場・ブライダルナビ結婚式場と料金 > 結婚式場と準備

結婚式場と準備

結婚式場と準備の画像

披露宴にご招待すればゲストの方は当然のことご祝儀というお祝いのお金を包んで参列されるのです。
一口に結婚式をやろうというと一般的には披露宴と挙式という意味なのです。
しかしながら、準備に約半年~1年を費やすのですから簡単に言ってしまえるほど甘い準備ではないハズなのです。
この結婚式場で受けとるご祝儀というお祝いのお金は、結婚をする二人には結婚式場を借りる上でかなりの助けになるお金なのです。

現在結婚式場で結婚をしている方でこのお金をまったくあてにしてない方はほとんどいらっしゃらないと思うのです。
挙式だけにするのか、披露宴もするのかとなってきます。
結婚式場か、ホテルか、レストランか、神社か、海外ウエディングか。
あまりにも自由で、選択肢がいっぱいありすぎて迷うことだと思います。
このお金を包む内容が上記に上げたような関係性によって違ってくるのです。
ご友人や職場の同僚等は1~2万円、会社の上司は3~5万円、親族は3~10万円、ご近所は1~2万円というような感じなのです。
費用は置いておいて、どんな式をしたいのか具体化させるのです。

例えば、和風か洋風か、屋内か屋外か、色内掛けを着てみたいとかどこかのテーマパークで楽しくとか、2人がモータースポーツが好きだからとか式の形だけではなくイメージからで十分なのです。
ですから招待される客層によって結婚式場の料金レベルも考える必要があるということなのです。
たとえば親族中心の食事会等は平均3万円以上が見込めるわけですからお一人様1万5千円くらいのお料理に5千円くらいの引出物を付けても十分おつりがくることになるようですが友人や職場の若い仲間ばかりだとそんなに金額の高い会場ではお二人にかなり無理がかかってくるのです。

いくつか挙げた希望のスタイルをキーワードにして、インターネットで調べてみたり、ブライダルフェアなどを利用したり、実際に会場に行くことで、イメージが固まりやすくなると思うのです。
客層を把握することで料金的にも適した会場選びができるようになるわけなのです。
会場の方と具体的な費用や日程、結婚式の規模を相談して、現実的に可能かどうか、見極めるようにしましょう。

結婚式場・ブライダルナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 結婚式場のサービス

結婚式場のサービスで、注意したいのは、その値段の中に飲み物が含まれているのか、サービス料、税金も含まれているのか、あるいは料理本体の値段なのか、内容をよく見きわめておくことが重要になってくるのです。 自分たちのインスピレーションを大事に何日もかけずに一気にピックアップすることがお薦めなのです。 会場によってはブライダルフェアや季節ごとのお得なプランもあります。 そうしないと、予算に大きな狂いが出てくるのです。 大きなホテルなどでは、ウエディングフェアを開催して、衣装の試着な

結婚式場・ブライダルナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。